仕事/氷室冴子 梅風呂

2008年06月07日

仕事/氷室冴子

肉体的にも精神的にも負担の大きかった仕事を何とか納めて、ほっとしている。家族の風邪をもらってしまって微熱があるなかでの作業だったから、結構つらかった。ま、納品した後は野となれ山となれ。

作業中にネットのニュースで見たのだが、『海が聞こえる』の作者、氷室冴子氏が亡くなったようだ。本当に残念だ。いつかまた大人になった杜崎拓と武藤里伽子に会えるんじゃないか、そんな期待を抱いていたのだが。
posted by うめ at 00:10| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよ〜。
お仕事おつかれさま☆

私も氷室冴子さんのニュース見てショックだったよ…。
Posted by イクスタ at 2008年06月07日 11:15
会いたかったな、大人になった拓と里伽子。

Posted by ゆひ at 2008年06月07日 17:19
> イクスタ

ニュースを見て、「あっ!」て思わず声が出てしまったよ・・・

> ゆひ

だよね。ついでに松野にも。松野は意外とイケイケドンドンな大学生活を送りそう。
Posted by うめ at 2008年06月08日 21:29
氷室さんのニュース、私もびっくりしました。
『海が聞こえる』も氷室冴子さんの作品だったんですね。
私は『何て素敵にジャパネスク』の人って覚えてました。
明日うちのすぐ近所のお寺で葬儀をするらしく、入り口のところに大きな白テントが張られています。


風邪長引かないように、気をつけて下さいね!
Posted by Trueeyes at 2008年06月09日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。