永井荷風『断腸亭日乗』大正14年8月30日 梅風呂

2008年06月05日

永井荷風『断腸亭日乗』大正14年8月30日

― 風ありてやや涼し。曝書の旁久しく見ざりし書物何といふことなく読みあさるほどに、暑き日も忽ち西に傾き、つくつく法師の啼きしきる声せはしなく、行水つかふ頃とはなるなり。予は毎日この時刻に至り、独り茫然として薄暮の空打ながめ、近隣の家より夕餉の物煮る臭の漂ひ来り、垣越しに灯影のちらほら輝き出るを見る時、何とも知らず独無限の詩味をおぼえて止まざるなり。
posted by うめ at 14:48| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか難しそうな感じだ。

こないだは電話どうもです。

でもってATOKはボクも導入してます♪
バシバシ打てて良い感じ(^^)。
Posted by おおつか at 2008年06月05日 17:00
こないだは本当にありがとね!助かりました。
学校で数学をまじめにやらなかった僕は、そもそも「集合」という概念すら忘れておりました。でも IT 系の翻訳やってると、数学的な話もけっこう出てくるんだよね。関数とか。
また知恵を拝借するかもしれん。そんときはどうぞよろしくお願いします!

ところで、おおつかくんはどんなキーボード (パソコンの方ね) を使ってる? 5 年くらい前の年賀状の写真に HHK が写っていたような。
Posted by うめ at 2008年06月07日 00:16
はい(^^)。
HHK Proです。
高いです。
気合い入れて買いました♪
しかも無刻印版です。

ちょと病気の人っぽく思われがちです(笑。

http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/hhkbpro2/nokeytop.html
Posted by おおつか at 2008年06月15日 06:58
おお、無刻印版。通ですな!

指と肩にまったく負担のかからないキーボードはないもんかな・・・。
Posted by うめ at 2008年06月15日 18:07
どうやろなぁ。
ボクもキーボードとマウスは、右手の障害もあって、
かなりいろいろと試行錯誤した後、
キーボードはHHK Proになりました。

あとはかなり限定されるけれど、
旧IBMのThinkPadのノートパソコンのタッチが良い感じ。

そうそう、この店で物色すると良いかもです(^^)。
かなりラインナップがあり、よくお世話になってます。
http://www.vshopu.com/
Posted by おおつか at 2008年06月15日 18:27
そっか、おおつかくんは右手のあれがあったね。そりゃキーボードにも気を遣うであろう・・・。

いろいろと悩んだんだけど、HHK とか Realforce はあまりに高いので、まったく逆のアプローチで攻めてみることにしました。できるだけストロークの小さいものを試してみようと思って、Apple の超薄いキーボードを注文した。明日届く予定です。
Posted by うめ at 2008年06月21日 21:35
Appleの超薄いキーボードもおすすめですよ。
リッチなノートパソコンみたいな気分です。
手首もあつくならないし(^^)。

同じく薄いのなら、
やっぱりIBMのThinkPadの「デスクトップ版」!!
http://www-06.ibm.com/jp/pc/option/obi/nob06/31p8974/31p8974a.shtml

まにあっくです(^^)。

Posted by おおつか at 2008年06月22日 19:49
Apple の極薄キーボード、かなり良い!
自分にあってるみたい。

でもその IBM のも機能的で良さそうだね・・・。
Posted by うめ at 2008年07月01日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。