野辺へ出てまいりますと春先のことで 梅風呂

2008年04月01日

野辺へ出てまいりますと春先のことで

野辺へ出てまいりますと春先のことで、空には雲雀がピーチクパーチクピーチクパーチクさえずって、下は蓮華たんぽぽの花盛り。陽炎がこう燃え立ちまして、遠山にはすうっと霞の帯をひいたよう。麦が青々と伸びて菜種の花が彩っていようかという本陽気。やかましゅう言うてやってまいりますその道中の陽気なこと!

日本語って美しいな。まるで音楽みたいだ。

posted by うめ at 23:13| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 映像作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国から無事戻ってまいりました。
 
北京・上海・蘇州に行ったんだけど,どこ行っても焼きギョウザは怖くて口にできなかったわ〜。
食べる前から変な臭い(おそらく殺虫剤)がプンプン漂ってるし。
 
それにしても,中国人て商売上手ね〜。あやうくぼったくられるところだったわ〜。
(もちろん,ビタ一文出さなかったけど)

万里の長城に登ってきました。ちょっと感動。


 

 
Posted by なおこ at 2008年04月02日 09:05
「ちりとてちん」に出てくる「あたご山」ですね。
今回はほんと面白かったなあ。
Posted by せるじゅ at 2008年04月02日 13:42
ほんとだ!いいリズムだね。
つい口に出したくなるね。
Posted by イクスタ at 2008年04月03日 00:34
>>なおこ

お帰り。

>食べる前から変な臭い(おそらく殺虫剤)がプンプン漂ってるし

これ、ほんとに?
なおこの鼻がおか(ry)

万里の長城は死ぬまでに一度行きたい。
今度土産話を聞かせてもらおう。

>>せるじゅ

おお、君も「ちりとてちん」を見てたんだね。
次の「瞳」はどうだろね。

>>なかち

ぜひ DVD を買ってください。
Posted by うめ at 2008年04月03日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91898703

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。