ジオラマで見る懐かしの昭和/姫路リバーシティ 梅風呂

2008年03月24日

ジオラマで見る懐かしの昭和/姫路リバーシティ

080322_151937.JPG

神戸新聞の記事で知った、「ジオラマで見る懐かしの昭和」展を家族で見に行ってきた。
特設会場に大きなジオラマが 3 つ設置され、敗戦直後から昭和 30 年代くらいまでの街並みや庶民の生活が再現されていた。造形作家の南條亮氏の手によるものだ。
上記の写真は敗戦直後の街並みの一部である (かなり大きいジオラマなので、全体を撮ることはできなかった)。不思議なもので、じっくり見ていると想像力が働くのか、人形ひとりひとりの物語が思い浮かんでくる。一人泣き叫んでいる女の子は、混乱の中で親とはぐれてしまったのだろうか。ザックをしょってうなだれがちに歩く青年は、これから帰る場所があるのだろうか。写真手前でうつぶせになっている若者は、単に休んでいるのか、それともひもじくて倒れているのか。
人形たちにはデフォルメされている部分もあるのだが、現実の一瞬を切り取ったようなリアルさがあった。


両親とは、このほかにも何度か人形展に行ったことがある。昨年は渡辺うめさんという明治生まれの女性の人形展を見た。南条氏の人形は粘土製だが、渡辺うめさんのものは布製だ。そのため、独特のやわらかさがある。どちらかというと南條氏のものはメッセージ性が強く、人形の側から訴えかけてくるような印象を受けたが、渡辺うめさんの人形からは、作者自身の人形に対する慈しみ、ひいては農村やひとびとへの優しいまなざしを感じられた。
posted by うめ at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90652275

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。