レインマン 梅風呂

2007年11月10日

レインマン

『レインマン』

キャスト:椎名桔平、橋爪功、紺野まひる、佐藤誓
原作:バリー・モロー
脚本・演出:鈴木勝秀
@渋谷PARCO劇場

◆ストーリー◆
 若き日に家を飛び出したチャーリー・バビットは、ネットトレーダーを営んでいるが事業はあまりうまくいっていない。チャーリーの恋人・スザンナは、そんな彼の心を開こうとするが、父親との確執もあり、彼女との関係も壊れそうになっている。
  そんな二人のところに父親の死が伝えられる。チャーリーは遺産目当てに帰郷するが、すべての相続は会ったこともない兄のものとなっていた。
兄・レイモンドが自閉症であることを知ったチャーリーは、遺産を手にいれるために施設から彼を連れ出してしまう。
  スザンナはそんな、チャーリーの行動を非難し、レイモンドの初めての理解者となっていく。
  当初は金のみが目的であったチャーリーだったが、旅を続けていくうちに、本来あるべき兄弟愛がうまれていく。そして、チャーリーとスザンナの関係も変わっていく…。


5 月に『血の婚礼』を観にいったときに、ロビーで販売されていた超々先行チケットを購入していたので、前から 2 列目というナイスな席で観ることができた。シンプルな音楽、照明、舞台装置に好感が持てた。会話の応酬で物語が進んでいく芝居が好きだ。
話の途中、チャーリーとレイモンドが 2 人で目標回数を決めてリフティングをやるシーンがあったのだが、なかなかうまく行かず、お互いの顔を直撃したり、あらぬ方向に転がっていったり、客席にサッカーボールが跳んできたり。観客がそれを投げ返し、目標回数に達しそうになると 2 人に応援の拍手を送ってあげる。このシーンによって、芝居の特権である舞台と客席の一体感が生まれて、いい感じで話が進んでいった。
どの役者の演技も素晴らしく、久々に満足の梅風呂。

これから年末にかけて、オペラ、ミュージカル、バレエと観劇予定が盛りだくさんの梅風呂。いずれも非常に楽しみである。
posted by うめ at 22:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65753386

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。