聖バルナバ教会のパイプオルガン演奏会 梅風呂

2007年10月18日

聖バルナバ教会のパイプオルガン演奏会

先週末、家のすぐそばにある聖バルナバ教会で催されたパイプオルガンの演奏会を聴きに行ってきた。実はその前の日、目白台の東京カテドラルで大改修記念コンサートがあったのだが、申し込むのをすっかり失念していて、気付いたときには整理券の配布が終わってしまっていた。大きな教会ホールで無料で聴けるとあって、申込者が殺到したのであろう。悔しい思いをしているときに、運よく聖バルナバ教会での演奏会の案内がポストに入っていたものだ。
聖バルナバ教会の方はちんまりした教会で、パイプオルガンも大聖堂にあるような大仰なものではない。オルガンのそばに座ったので、鍵盤と演奏者の指の動きがよく見えた。ちょっと違和感を感じたので注意して指の動きを追ったところ、音がピアノよりもちょうど半音くらい高い。パンフレットにピッチが 465 Hz で調律されているとあったから、合点がいった。普通のピアノやオケは大体 440 Hz 前後で合わせるもんね。この 465 Hz というのは何か意味があるのだろうか?

さて、プログラムの中で目を引いたのは「作者不詳『ロバーツブリッジ写本より エスタンピー』」という曲。演奏者の解説によると、これは現存する最古のオルガン曲であるとのこと。舞曲らしいのだが、何とも不思議な、前衛的とも言えるような曲だった。バロック以前の曲は、和声が解決しなかったり、形式が自由奔放だったりして、ちょっととらえどころがない。この「ロバーツブリッジ写本」なるものは 14 世紀初頭にイギリスで書かれたものだという。
演奏会そっちのけで気になったのは、最古のオルガン曲はこの「オッパッピーエスタンピー」であるとして、最古の楽譜はいったいいつ、何のために書かれたんだろうということだ。グーグル先生に相談してみると、現存する最古の楽譜は、紀元前 800 年頃にバビロニアで書かれたものであり、これはまだ解読されていないとのこと。紀元前 2000 年にはエジプトでパピルスに楽譜が記されていた、としてあるサイトもある (こういうときはちゃんと書籍にあたらないと確証が得られない・・・)。何千年も前にはどんな音楽が演奏されていたのだろうか。生きている間に解読されれば良いが。
今度はウィキペディア先生に伺ってみると、基準となる音程を現在のように線で表したネウマ譜と呼ばれる楽譜が登場したのは、9 世紀らしい。この楽譜はグレゴリオ聖歌に用いられたものだそうだ (試しに Youtube で "Gregorian Chant" で検索してみると、多数ヒットした)。音程の基準を表す線も初期は 1 本だけで、現在のような 5 本線に落ち着くのは 17 世紀に入ってからのことだというが、これはもうフレスコバルディやブクステフーデが活躍したバロック時代である (バッハが生まれるのは 1685 年)。ピアノをやっていると、クラシック音楽はバッハやスカルラッティから始まったのだという印象が強くなるが、いやいやどうして、彼らも連綿と続く西洋音楽の歴史における中間点だったのだね。
というわけで、いろいろと勉強になった演奏会だった。
posted by うめ at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61317572

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。