愛の反対 梅風呂

2007年10月05日

愛の反対

最近街中で「ひどい」母親をよく見かける。人通りの多い繁華街で、火のついたように泣いている子供を大声で叱り続ける(というより罵倒している)母親や、物心もつかぬような幼児に対して、まるでかれが大人であるかのようにその行儀の悪さを「論理的に」責め立てている母親。いずれの場合も、ああ、これは虐待というものなのではないだろうか、この子はまともな大人に育ってくれるだろうか、いや、この子も大人になったら、その母親と同じように子供を虐待するのではないのだろうか・・・などと考えながらも、クールな都会人よろしく見て見ぬふりをしていたのだけれど、先日見かけた母子は放っておけなかった。いや、結局何もしなかったのだけれど、声をかける寸前だった。仕事帰りだったと思うのだが、メトロの高田馬場駅ホームに下りていくと、2、3 歳の子供がひとり地べたに這いつくばり、金切り声をあげていた。迷子なのかと思ったが、どうも少し離れたところにいる女性が母親らしい。かれはその女性に向かってママ、ママと叫んでいるようだったから。ところがその女性は子供の方をまったく見もせず、無視を決め込んでいる。1 分経ち、2 分経っても、子供は泣き続け、母親は知らんぷり。ホームで電車を待っている人たちもその母子が気にかかるらしく、ちらちらと目をやっている。特に近くに立っていた西洋人の若者が落ち着かぬ素振りを見せている。自分の握った手の平も変な汗をかいてきた。警笛を鳴らしながら電車が入ってきて、ああこれはもう駄目だ、声をかけよう、と思ったその瞬間に、女性は何事もなかったかのようにすっと子供を抱きかかえ、止まった電車に乗り込んだ。それを見て少しだけほっとしたのだけれども、よっぽど言ってやろうかと思った。子供さん、泣いてたじゃないですか。それって、ネグレクトっていうやつじゃないんですか、と。
そういえばマザー・テレサによると、愛の反対は憎しみではなく、無関心なのだそうだ (The opposite of love is not hate, it's indifference)。

それにしても、もう少し勇気が欲しい。いじめを見て見ぬ振りをしている者もいじめている者と同罪だというけれど、子供がneglectされている姿を見て見ぬ振りをする者も、neglectする母親と同じ罪を被るのだろうか。あのとき僕が声をかけることで、あの子供の人生が少しでも好転したのではあるまいか、などと考えると居たたまれぬ気持ちになる。
posted by うめ at 00:22| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近は躾と虐待を勘違いしている母親が本当に多くて・・・
 
あれでは猿だって、まともに育たんよ。
 
学校の教師のみならず、一緒に生活している親の質も(人間的に、という意味)落ちているのだから、見ていて子どもが可愛そうになります。
 
教育は永遠不滅のテーマなり。
Posted by なおこ at 2007年10月05日 12:46
わたしが高校生の頃、通学路だった品川駅に通称「絶叫ママ」がいました。
出勤前の忙しい時間に子どもを託児所にでもつれていく風。
いつもいつも怒鳴っていました。
余裕がなかったのかな。
子育てと遠距離通勤で余裕がなかった小学校の頃の担任の先生は
いつも機嫌が悪く(ビンタとかしょっちゅう)、ついに倒れました。

ネグレクトといえば、今年に入ってから
車に子どもが置き去りにされて号泣している現場に遭遇しました。
かさじゅんくんが警察に電話。わたしは窓越しにあやす。
そのうち母親らしき人が現れたけど、絶対長時間放置してた。
子どもにしゃぶらせていたであろう棒つきキャンディが
床に落ちていたのがとても切なかったです。

子育てって大変だと思う。
お姉ちゃんを見ていて切にそう思う。
でも、自分の子どもがかわいくない親なんて信じられない。
Posted by みぽ at 2007年10月05日 21:27
うーん。
日頃モンスターなんたらに悩む私が言うのもなんですが。

その一場面だけを見ると「なんて鬼母……」って思うけど
いくら泣き叫ばれても、子どもにここは譲れない、ってとこは貫くべきで、
子どもは全力で意思を通そうとしてくるけど、その綱引きで一度手を緩めてしまうときりがない。
子どもは大人がどこまでなら言うことを聞いてくれるか、よく見てる。
まぁそこまで泣いてるってことは、それまでさんざんかわいがって増長させて、
困るところまでいったから急にしつけようとしての抵抗かな、
人前でそこまで泣かせるってことは、そのお母さん、そうとう疲れてるな、
なんてことを私は想像してしまうのであります。
Posted by na-chan at 2007年10月07日 17:21
>> なおこ

教師の質は本当に落ちているんだろうか。近年教職を目指している人、あるいは教職に就いた人たちは、むしろ真面目に教育について考え、研鑽を積んでいるような気がするけど。
ただ、教育システム全体は時代の変化についていっていないと思う。

>> みほ

一般には「親子の間には愛が存在する」という共通認識があるけど、時代を問わず、子を憎んだり、虐待したりする親はたくさんいたんではないんだろうか。昨今はそういう出来事がメディアを通じて表に出やすくなっているとは思うけれども(僕はたまたま連続して虐待?シーンを目撃したけど、実数は増えているんだろうか)。
そもそも教師は、「親は子を愛するものだ」というような認識というか、ロマンチシズムをいったん捨ておかなければ事に当たれないと思う。。。

>> ななちん

うーん、外見のことを書くのは憚られたので避けたんだけど、僕が目撃した女性は、いわゆるギャルだったんだよね。。。幼い子供を連れているのに、高いヒールの靴を履いて鬼婆みたいな爪をしていたから、何となくすぐにネグレクトに結びつけてしまった。あれは危なくないんだろうか?
別の話だけれど、昔バスの中で赤ん坊が大泣きを始めて、母親が必死になだめすかすんだけどまったく泣き止まないということがあった。バスを降りていった親子を何とはなしに見ると、突然母親も泣き出して、連れのママさんたちに慰められていた。そのお母さんはきっと疲れてたんだろうねえ。

虐待シーンまでいかなくても、子供が泣いていたり、悪さしてたりするのを見かけたときに、周りの人が躊躇なく声をかけたり、しかったりできれば、全体的な教育の質も上がり、親の負担も減るんだろうなと思う。そういうことを感じているにもかかわらず、虐待(らしき)シーンを見かけたときに見て見ぬふりをしてしまうような自分の不甲斐なさを情けなく思います。じゅんさんみほさん偉い。
Posted by うめ at 2007年10月08日 01:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。