劇団黒テント『かもめ』 梅風呂

2007年04月29日

劇団黒テント『かもめ』

劇団黒テントかもめ
■@神楽坂シアター イワト
■4月29日(日) 14:00〜

ロシアの作家アントン・チェーホフの作品。小田島雄志氏の翻訳で(ちなみに、1月に観にいった『えっと、おいらは誰だっけ』は息子の小田島恒志氏の翻訳だった)。
あらすじは「夢多き女性ニーナと、作家志望の青年トレープレフの物語。名声を夢みて有名な作家トリゴーリンのもとに走ったニーナは、やがてトリゴーリンに棄てられ、彼との間にできた子供にも死なれて、精神的にも肉体的にも傷つく。2年後、トレープレフを訪れた彼女は絶望の淵を彷徨っていたが、もはや自己の生きてゆく道をはっきり自覚した女性であり、プロの女優であった。一方のトレープレフは新進作家として売り出してはいたが…」。

脚本の解釈や演出しだいで喜劇にも悲劇にもなりそうな作品だった。演じる側の裁量にゆだねられている部分が非常に大きいような。だから、またいつか、別の劇団の演じる『かもめ』を観てみたいと思った。
余談だが、観劇中何度も研ナオコの「かもめはかもめ」が頭をよぎった・・・。

今回の『かもめ』はいわゆる「不朽の名作」と言われるような作品だったけれど、こういう古典を観るのはよいものですな。ピアノでは古典派を弾き、小説も古いのを読んだりするのに、芝居ではこれまでシェイクスピアなどの古典を何となく避けていました。
今年10月にはブレヒトの『三文オペラ』の公演があるようなので、足を運ぼうと思います。

次の予定は『血の婚礼』。期待と不安が半々。
posted by うめ at 21:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40363851

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。