少年社中『チャンドラ・ワークス』 梅風呂

2007年03月16日

少年社中『チャンドラ・ワークス』

少年社中チャンドラ・ワークス

■2月10日 14:30〜
■@中野 ザ・ポケット

「オレは夢を見た・・・夢を見る者たちがいる。夢を見たけれども、夢を叶えることができずに去っていく者たちがいる。ここは夢を叶える者たちの工房、チャンドラ・ワークス!」だったっけな・・・駄目だ、曖昧だ。やはり北島マヤは凄い。

僕らが在学中の劇研といえば、「Cretan Crete(クリータンクリート)」、「チャリT企画」、そして「少年社中」だ。在学中は一度も観にいったことがなかったけれども、そして周りに観劇が趣味だというヤツも居なかったけれども、何故かみんな劇研の劇団名は知ってたんだよな。やはり演劇といえば早稲田、早稲田といえば演劇だったんだろうか。

僕にはファンタジー風味の芝居はピンと来なかった。
せっかくインドの世界観を借りているのだから、小道具大道具をもっと工夫すれば良いのに、と強く思った。マンダラ、梵字、真鍮製の道具とかぜんまい仕掛けの機械とか。そうしたらもっと未来とアジアの融合した、不思議な雰囲気を演出できたろうに!

もう一度別の作品を観にいってみようと思う。
posted by うめ at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。