浦沢直樹『PLUTO第2巻』、堤抄子『エルナサーガU第5巻』読了 梅風呂

2005年05月03日

浦沢直樹『PLUTO第2巻』、堤抄子『エルナサーガU第5巻』読了

浦沢直樹『PLUTO第2巻』、堤抄子『エルナサーガU第5巻』読了。


活字ばかり読む仕事をしていると、長い小説や文章を読むのがおっくうになってくる。そしてつい漫画に流れてしまう。


『PLUTO第2巻』
面白かった。つーか、『モンスター』や『20世紀少年』の初期と同じで、まだ物語りが始まっていないかんじ。伏線伏線、また伏線。ごわー。


『エルナサーガU第5巻』
いよいよ物語が佳境に入ってきた! ついに神の実在が明らかに。いつもの事ながら、登場人物たちの台詞がよいなあ。
「成果が約束されなくとも、法王様に背こうとも、心がすべきと叫ぶ言葉に逆らえましょうか?」
「何のために戦う?・・・目の前の大切なことのために戦う。だから確信が持てる。世界なんてその集積だ」


そんだけそんだけ決定
posted by うめ at 21:40| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。