今年のノーベル文学賞 梅風呂

2006年10月12日

今年のノーベル文学賞

今年のノーベル文学賞は、トルコ人作家のオルハン・パムク氏に決定したようだ。邦訳されているのは『わたしの名は紅(あか)』と、『雪』の2作。『わたしの名は紅』のほうは、出版されてからずっと気になっていたのだけれど、値段が値段だけに手を出せずにいた。春過ぎに、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで購入したのはいいのだけれど、今度はその分厚さゆえに読めずにいる・・・。そんなこんなしているうちに、作者がノーベル文学賞を受賞してしまうとは。これは何が何でも読まねばなるまい!
この本、書名も装丁もカッコいいし(ちなみにカバーを外した表紙は紅色)、各章タイトルがいいんだ。日本語訳だけれど、「わたしは屍」、「ぼくはオルハン」、「わしはお前たちのエニシテだ」、「わたしの名はカラ」、「人殺しとよぶだろう、俺のことを」、「わたしの名は紅」などと、それだけで想像が膨らむタイトルになっている。
・・・内容については残念ながらまだ何も語れないので、「すみ&にえ」さんのところでどうぞ。トップページはこちら、「すみ&にえ『ほんやく本のススメ』です。YAHOOのニュース記事にもリンクされてるな、さすが・・・。

それはそうと、近頃トルコ中東の作家が元気なような気がする。日本でも最近、アーザル・ナフィーシーの『テヘランでロリータを読む』(大学を追われたひとりの女性知識人は、「ロリータ」「グレート・ギャツビー」などの禁じられた小説を読む、女性だけの読書会を開く)や、ヤスミン・クラウザーの『サフラン・キッチン』が出版された。文学は欧米のものだけではないと言うけれど、欧米以外からこそ、どんどん優れた書き手が現れているんじゃないだろうか。日本に紹介されていないだけかもしれないけれど、最近はドイツやフランスの作家の名前をとんと聞かない。
これからは莫言や高行健を初めとする中国人作家、そして中東の作家にも大注目ですな。あとは、移住先の言語で小説を書く作家や、移民2世の作家など、いわば狭間に生きる書き手たち。日系イギリス人作家であるカズオ・イシグロ、ベンガル系アメリカ人作家ジュンパ・ラヒリ、中国系アメリカ人作家エィミ・タン、韓国系アメリカ人作家チャンネ・リー。挙げればきりがないな。ドイツ人作家の名前を聞かないとかいたばかりだけれど、トルコ人を大量に受け入れたドイツでは、トルコ系2世の作家が生まれ始めていると聞く。ラフィク・シャミもそうだっけ?。そうそう、我が日本にもおった。アメリカ人でありながら日本語で詩を書く、アーサー・ビナード
いやあ、トランスボーダーな作家のことを考えるとおもろいな。

誰か、「本」と『チャングムの誓い』について熱く語ろうぜ。エクニとかオツイチとかカタヤマキョウイチとかはナシね。403 forbidden。もっとマシなのを読みましょう。あーやっべ、また毒吐いちゃった。
posted by うめ at 21:34| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アーザル・ナフィーシーもヤスミン・クラウザーもイラン出身だったような?
Adonis(シリア)もノミネート?されていたみたいだけれど、
中東作家も要チェックですよ!
ちなみにラフィク・シャミはシリア生まれだよ★

と、でしゃばってみたけれど、私もほとんど読んでいない・・。
家に眠っているので、頑張って読みます。
Posted by ikuko at 2006年10月13日 11:48
あ、ほんとだ。トルコ→中東ですねー。適当なこと書いちゃった。ラフィク・シャミはシリアなんですね。

そういえば、姐さんはシリアに1年いたじゃないすか! やがて起きる米同時多発テロを未然に防ぐために、テロリストたちのアジトに潜伏してたとかしてないとか。どっかの砂漠で、アラブの屈強な男たちに日本の体術を教えてたとか教えてないとか。向こうの人たちは今でも姐さんのいる方角に額づいて、一日5回祈りを捧げてるそうですね!
Posted by うめ at 2006年10月13日 17:51
奴等にはいろんなことを教えてやったよ!
そして教えてもらった・・・(ここで凹む)。
エクニとか10年くらい前は猛烈に好きだったけれど、人の嗜好って変わるものですね。
乙女に戻りたい。。
Posted by ikuko at 2006年10月13日 18:22
乙女・・・(*´ェ`*)ポッ
Posted by うめ at 2006年11月09日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25339115

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。