ガルシア・マルケスの新刊その2 梅風呂

2006年09月02日

ガルシア・マルケスの新刊その2

9月29日に発売予定の『わが悲しき娼婦たちの思い出』に続き、なんと『コレラの時代の愛』も翻訳されるとのこと! こちらは10月に発刊予定。

『コレラの時代の愛』
ガブリエル・ガルシア=マルケス
木村榮一訳

『わが悲しき娼婦たちの思い出』と同じ翻訳者だな。
内容は、

From the Nobel Prize-winning author of One Hundred Years of Solitude comes a masterly evocation of an unrequited passion so strong that it binds three people's lives together for more than fifty years. In the story of Florentino Ariza, who waits more than half a century to declare his undying love to the beautiful Fermina Daza, whom he lost to Dr. Juvenal Urbino so many years before, García Márquez has created a vividly absorbing fictional world, as lush and dazzling as a dream and as real and immediate as our own deepest longings. Now available for the first time in the Contemporary Classics series!

とのこと。日本語での紹介は見つけられなかった。
いやー楽しみですわい。
posted by うめ at 23:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23134549

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。