「キャンディード」 梅風呂

2010年07月31日

「キャンディード」

兵庫県立芸術文化センターで佐渡裕プロデュースの『キャンディード』を観てきた。
この『キャンディード』にはちょっとした縁がある。高校の頃、部活の副顧問からミュージカルの名曲の入ったCDをもらった(どうして彼がこのCDをくれたのか、理由は忘れてしまった)。このCDにはウエストサイドストーリーの「マリア」や「トゥナイト」といった有名な曲も収録されていたのだが、一番気に入ったのは「キャンディード」の「Overture」と「Make our gardens grow」だった。何度も繰り返し聴いたので、最初から最後までメロディーを空で口ずさむことができるようになった。この2曲は今でも特別だ。「一番好きなクラシックの曲は何ですか」と問われたら考え込んでしまうけれども、「一番元気の出る曲は」と問われたなら、間違いなくキャンディードを挙げる。
いつかは生の舞台で観てやろうと思っていたところ、運良く近くのホールで上演が決定。しかも一流の指揮に一流の演出で!
さて、ストーリーはというと、主人公が油田を見つけて大金持ちになったり、騙されて一文無しになったり、ブッシュやベルルスコーニといった現代の先進国首脳が海パン一丁で出てきたり、登場人物たちが死んだり生き返ったり、KKKの衣装をまとった人たちが出てきたり、とはちゃめちゃで正直ついていけないところもあった。しかし佐渡さんの振るキャンディードは力強く躍動感があって、自然と体が動きそうになった。序曲の変拍子がかっこいい。音楽もさることながら演出もなかなか凝っていた。舞台が巨大なブラウン管のテレビになっていて、観客はテレビの中の出来事をみる格好になる。つまり、舞台の上で起きることはテレビの中のファンタジーだと暗示されているわけだ。
舞台はおよそ3時間ほど。巨大なエネルギーの塊みたいな音楽や芝居の渦に巻き込まれ、ふらふらの恍惚感の中、劇場を後にした。
posted by うめ at 10:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。