「〜しながら」をやめる 梅風呂

2005年01月29日

「〜しながら」をやめる

複数のことを同時並行してやるのはやめようと思った。一つのことにもっと集中しようと。
例えば僕はテレビを見ながら、新聞を広げ、おまけにPCも起動しっぱなしというような状態にいることがよくある。PCをつけたままにしておくのは仕事柄仕方ないとしても、テレビをつけっぱなしにして仕事をしたり、何かを読んだりするのは良くない・・・ような気がする。
そのため、昨日からはせめてラジオかCDにしている。


というわけで、今日は久しぶりにバッハを聴く。アンドラーシュ・シフの弾く『パルティータ BWV825〜830』である。シフの演奏は響きがややロマンチックになりすぎるきらいはあるが、誇張が少ない点は良いと思う。まあピアノという楽器自体、響きが豊かなので、本来演奏されるべきチェンバロやクラヴィーアとは随分違って聞こえるのは仕方ないことか。
ちなみに僕は1番が好き。人の幼年時代を思わせるような、素朴で純情な音楽だと思う。
弾こうにもプレルーディウムからジーグまでの7曲全てはちとキツイ。ああ、2番が始まった・・・2番も切なくて良いのう。昔サラバンドだけ弾いたことがある。


テレビネタでもう一つ。何やらNHKの内外で揉めているが、不正・院政は悪いとして、NHKはそこそこ良い番組作りをしていると思うのは僕だけだろうか。ウンコみたいな番組を量産している民放の方がいらないと思うのだが・・・。プチブルジョワ的欲望(その欲望自体メディアが作り出す時代である)を満たすだけの番組のなんと多いことか。占い師とお笑い芸人と顔だけが命なタレントという三種の神器にすがって。そもそも僕らが目にするNHK叩きも、NHKの敵会社が報道・放送しているものである。判断が難しい。

また、受信料の支払い拒否って、金のない学生などが昨今の状況に便乗しているだけなのでは。もちろん良心的視聴者の「エール」である支払い拒否もあるだろうが、そこまで真剣に考えている視聴者は100万人規模でいるのだろうか。信義・信念すらもお金の前にもろく崩れ去る時代である・・・・You は shock!! あべし!

うーん世論と逆行するようなことを書くのは勇気がいるなあ。ブログにあんまり否定的・ネガティブなことは書きたくないね。
posted by うめ at 00:57| バンコク ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少なくともスポーツ中継はNHKがいちばんやね。
Posted by yu-hi at 2005年01月29日 01:15
必ずしも世論に逆行した意見じゃないと思うよ。
うちもそう思うもん。
100%NHKの肩持つわけでないけど、
民放がこぞってアンチNHKみたいな世論を形成しようとしてんちゃうん。
NHKしか作らないであろう地味ぃな番組好きやし。
なくなったら困るワ。

受信料不払いも、納得いかんよなー。
実際おかしなシステムかもしれんけど
なんぼ受信料集金する人に抗議しても無駄やってば。
かわいそうやん。
悪法もまた法なり。。
もっと違う抗議方法ある気はするよねぇ。
Posted by ぱんだらー at 2005年01月29日 01:31
お前らコメント早すぎやねん!

びびったわーもー。有難いけどね!!
Posted by うめ at 2005年01月29日 01:37
ながら族だねぇ〜.
俺もダメだわ.
集中力を持続するのが苦手みたい.
起きてるほとんどの時間がネット環境下にいるもんで,
すぐにブラウジングしてしまします.
4月から環境変わるからなおしていこ,ウン.

(知)ブログにリンクはっときました(^^/
Posted by たか at 2005年01月29日 05:59
ど○っちも就職するんやね(今、阪大の大学院?)。
会社だと特定のサーバ以外見れんかったりするらしいねー。

リンクありがとう。こちらにも貼らせていただきます。


Posted by うめ at 2005年01月29日 08:25
世論に反した好意的なコメントありがと。しかしなかなか厳しい状況ですぜ今回のはほんとにね。
Posted by まい at 2005年01月30日 19:32
あ、当事者(?)殿がいらっしゃった!
四国でも風当たりは強いですか?まいちんは実際に風を受ける側だもんね。

NHK好きな僕は応援しておりますよ!ジャーナリズム云々はとり合えず置いといて、見る価値のある番組作りお願いいたす!

さて、まいちんの紹介もくわえとこ。
Posted by うめ at 2005年01月30日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1751225

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。