電車にまつわる物語(2) 梅風呂

2005年01月22日

電車にまつわる物語(2)

電車にまつわる物語(1)に引き続き・・・・。

今回は、僕がまだ大学に入学したばかりの頃のお話である。
当時僕は小平市で念願の一人暮らしをしていたので、新宿区にある大学まで、西武新宿線で通っていた。ただこの電車通学も長くは続かなかった。朝の通勤ラッシュに耐えられず、9ヶ月早々で花小金井の安アパートを引き払い、新宿区に引っ越してしまったからだ。地方出身者だからあんな満員電車には耐えられない、などと分かるような分からないような理屈をこねて、親の財布に泣きついた形だ。


さて話を戻そう。
その日僕は、サークルの先輩であるヒロオさんやマキマキに誘われ、早稲田にある有名な激辛カレー専門店『メーヤウ』を訪れた。このお店、早稲田の学生の間では知らぬ人のいない超有名店である。大学に入学して間もなかった僕らはまだ食ったことがなく、先輩たちに連れて行ってもらったのだ。
(ちなみにこのお店、当時は少し離れた場所にあった。店内もかなり狭かった)

僕が注文したのはチキンカリー(辛さ:★★★★)か、インド風ポークカリー(★★★)だったと思う。先輩からは「ちょー辛いよ」と聞かされていたが、当時18歳だった(!)僕は若かった。こわいものなんてなかったのである! もっと★の少ないものにしていれば、あんなことにならなかったのに・・・。


結局のところ、一口目から僕には耐えられなかったのである。額は脂汗だらだら、口の中は火がついたかのよう。あんなに辛いものはそれまで食ったことがなかった。ご飯ではなく水が進むこと進むこと。泣きながら食ったといっても過言ではない。同じ新入生だったカサハラやカツタは何のことはない、「辛い辛い、でも食えるよ」などと言いながら、完食。こいつら人間じゃねえなどと心の中で毒づいていた僕は、結局半分近く残してしまった。


店を出た後僕らはさよならし、帰宅の途についた。が、西武新宿線に乗ってからが大変だったのだ! 鬼のようなカレーは僕の胃の中で暴れまくり、どろどろに煮えたぎったマグマのように胃壁を焦がした。MAX痛い! 苦しい! 2,3駅過ぎたころにはもう立っていられなくなり、混雑する電車の中、座り込んでしまった。

その時の僕の顔は、白目を向いた貞子より貞子らしかったに違いない。苦悶の表情を浮かべる僕に、目の前の座席に座っていた大学生風の(おそらく上級生だろう)男が声を掛けてきた。

「大丈夫か? どうした?」
「い、いえ、腹が痛くて・・・」
「電車降りてトイレに行った方がいいぞ」

そこで僕は、

「い、いや、メーヤウで辛いカレーを食べてお腹が痛いんです」

などと見ず知らずの人に馬鹿正直に答えてしまう。よっぽど余裕がなかったに違いない。辛いカレー食って腹痛いなんて、なんつー恥ずかしい話を・・・。
しかし、それを聞いた彼はニヤッとしながらも、

「そうか、ここ座っていいよ。座った方が楽だろ」

と僕に座席を譲ってくれたのである! 
・・・その時の僕には、彼がイエス・キリストに見えた。汝、隣人を愛せよ。ハレルヤ。僕の頭の中にはスイスの教会の鐘が鳴り響いた。カランコローン。


僕は開いたシートに座り込んでしまう。そしてじっと目をつぶり、電車の揺れと腹の中のカレーに耐えたのである。そして更に数駅が過ぎた頃、痛みがやや和らいだので目を開けると、もう彼の姿はなかった。


あっ、お礼が言えなかった・・・。
すっかり乗客の少なくなった車内を、僕は見渡した。全く余裕がなく、きちんとお礼が言えなかった。何ともむなしい気分になったのを今でも覚えている。僕は心の中で、彼に頭を下げた。


さて、僕はこの時思ったのである。例え見ず知らずの他人であったとしても、辛そうにしている人を見かけたら、すっと手を差し伸べようと。見て見ぬ振りはすまい、と。ささいなことだけど、僕に席を譲ってくれた彼のような大人になろうと。



そして東京に出てきたての僕は。


東京でもこんなええ人がおったよ。
そんなに酷い街とちゃうみたいや。
なんや、東京でもやっていけそーな気がするわ、かーさん。













posted by うめ at 04:22| バンコク | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゃきゃ(・∀・)
いかにも苦しんでるうめくんの顔が浮かぶわぁ。

こんな大事件があったとは。。
知らんかったよー!
Posted by ぱんだらー at 2005年01月22日 22:21
大事件かな?
1998年のことなので、もう7年前だす。まだ上京したてだった。ういういしいですな・・・。

そんな僕も今や立派なTokyo walker。
しかし、初心忘るるべからず。
Posted by うめ at 2005年01月23日 08:16
ええ話や...
Posted by すずのすけ at 2017年07月19日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。