ウィキッド 梅風呂

2010年06月09日

ウィキッド


ミュージカル「ウィキッド」劇団四季版


仕事をお休みして平日のマチネを観てきた。大阪では3回目、東京とNYを入れると何回目になることやら。けれども今回はちょっと特別で、席が最前列ど真ん中。後ろの席からは見えないちょっとした仕草や、マイクに拾われない小声の相槌などもはっきりわかった。細かい演技をしてるんだなあ。

エルファバ役は樋口麻美さん。木村さんや江畑さんが不運を前面に出した陰のエルファバだとしたら、樋口さんは辛い生い立ちや暗い気持ちを押し隠して強く快活に生きようとする陽のエルファバ。普段陽気なだけに、時折見せる悲しげな表情や弱音がとても引き立つ。演じる人によって受ける印象がこうも違うとは。

グリンダ役は沼尾みゆきさん。とにかく歌が上手。グッド・ニュースの高音もすこーんと出ていて、気持ちよかった。

今回のベスト・パフォーマンスはネッサを演じた山本さん。エルファバが訪ねてくるシーンは鳥肌ものだった。額や首筋に青筋を立て、唾をとばしながら怒鳴ったり、うつむいたときに目から涙をポタポタ落としたり。迫真の演技とはまさにこのこと。NYキャストにも負けてない。いや、彼女こそ Nessarose of Nessaroses。

・・・とまあ今回も大満足でした。まだの人には、是非観に行ってもらいたいです。




劇団四季公式プロモーションビデオ。



ウィキッドの主要ナンバーのメドレー (ドイツのTV番組)。
posted by うめ at 11:24| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今ねー原作のウィキッド本読んでんの。
読んだ?
全然違っててこれはこれで面白いよ。
舞台は、この本参考程度の別物。

知れば知るほど、また観たくなる。
Posted by まっきい at 2010年06月11日 11:02
まだ読んでないわー。
ずいぶん違うとは聞いてたけど、参考程度なのか。

「知れば知るほど、また観たくなる。」ってビラや宣伝の文句に使えそう(笑)
Posted by うめ at 2010年06月11日 18:09
最近ミュージカルはご無沙汰になっちゃってます。(昨年、うめさんたちと梅田で偶然会ったとき以来・・・)
キャストの違ったウィキッド、また見に行きたいです。
Posted by にっしー at 2010年06月13日 10:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。