必衰 梅風呂

2009年06月28日

必衰

連日、マイケル・ジャクソンの死がメディアを賑わせている。彼の死を知って泣き崩れる女性の姿や、生前の活躍を映した映像を見ても何の感慨もわかない僕にとって、マイケル・ジャクソンは特に近しい存在ではなく、テレビでたまに見かける有名人の 1 人に過ぎないのだ、と思った。ではどの有名人が亡くなったらあの女性のような悲しみに襲われるだろうか、と考えてみたけれど、すぐには思いつかなかった。むかし神戸新聞である養護教諭の連載をかかさず読んでいたのだが、その教諭が震災で亡くなったことを同じ紙面で知ったときは悲しかったな。有名人ではなく、第三者というくくりになるが。

悲しいといえば、最近マルタ・アルゲリッチの弾くバッハのパルティータを聴いたときも寂しい気持ちになった。無双の技術で鳴らした彼女の衰えが垣間見えた気がして。よく聞くと、カプリチオなどの早いパッセージで運指が少し怪しくなっているのだ。まあ、彼女はもともと気分に波のあるピアノ弾きなので、単に調子が悪かっただけなのかもしれないが。




こちらは全盛期の頃のシューマンのピアノソナタ第 2 番。今好きかと問われたら「まあまあ」くらいに答えておくだろうが、初めて聞いたときは圧倒されて鼻血が出そうだった。
posted by うめ at 21:37| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
亡くなって悲しみを強く覚えるとなると、
その人に実際にあって話をしたことがあるかどうかが、
1つの基準になるかなと思います。

有名人であってもテレビの中のみでだと、漠然としすぎたり。

でもマイケルのCDは何枚か買って持ってるので、
亡くなられたのかぁ...少し悲しいなぁ...という具合でした。
Posted by おおつか at 2009年06月29日 11:45
そういやこれまでおおつかくんの音楽の趣味を聞いたことがなかった。
mixi の日記見たけど、アニメソングなんて聴くんだね(笑)
Posted by うめ at 2009年07月01日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122428137

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。