AKIRA 梅風呂

2009年06月16日

AKIRA

金田の誕生日は2003年9月5日、鉄雄の誕生日は2004年7月29日らしい。なんてこった、もう過ぎてしまってるじゃないか。いま、金田は5歳、鉄雄は4歳か・・・・現実の時間、現実の世界と重ね合わせてみると、何とも奇妙な気持ちになる。『AKIRA』を初めて呼んだ頃、世紀末には何かとんでもない悲惨な出来事が待ち構えていて(それこそ第3次世界大戦とか)、『AKIRA』に描かれているような時代がやってくるんじゃないかと薄ぼんやり考えていたのだけれど、現実には恐怖の大王はやってこず、拍子抜けするほど何にも起こらなくて、それはそれで大変結構なことなのだが、30を目前に控えているというのにいまだ心の襞の裏側に冒険とスリルを求めている子供な僕が隠れていることを意識している僕としては、ほんのちょっぴり物足りなかったりする。AKIRAと言えば、高校1年のときの同級生、無口でまじめで勉強一筋のあの子、夏休み明けの超絶に難しい実力テストで満点を取ったあの子、球技大会のような下らないイベントには一切参加しなかったあの女の子と、なぜか漫画の話をしたとき、「私が一番好きな漫画は『AKIRA』」と言い切っていたのを思い出す。ちなみにキヨコは1979年生まれ、タカシとマモルは1980年生まれとのこと。なんてこった、同学年じゃないか・・・。
posted by うめ at 23:22| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですよ、AKIRAの登場人物、世代的に2周りほど下ぐらい。
あと10年もすればNEO東京な世界になるのかなぁ。
Posted by おおつか at 2009年06月17日 11:44
「NEO東京な」世界はさすがにやばいね。そういや AKIRA の世界では関西はどうなってるんだろうね。果たして人間が住める状況なんだろうか。
Posted by うめ at 2009年06月18日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121645636

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。