納品 梅風呂

2005年12月19日

納品

今回のjobを納品した。仕事で詩を訳したのは初めてだったが、楽しかった!ちょびっとだったけど。やっぱり文芸翻訳も良いですな。推敲にご協力いただいたななちんに感謝でございます。

posted by うめ at 01:26| バンコク | Comment(3) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いえいえ、何も力になれませず。
遅くまでお疲れさまでした。

言い回しをあーでもこーでもないって
考えるのは楽しうございますな。
いっぱいありすぎると、きっと私なら吐きそうになるケド。
Posted by なな at 2005年12月19日 03:01
そうだよ!うめちゃんは文芸モノを翻訳するんだよ!!
わたしは姉にエッセイストを勧められているけど、
あーゆーのって、どうやってなるんだろう。
確かに、徒然なるままに文章を書くのは得意だけど。
しかし、今はそれよりも炊事!洗濯!!の毎日です。
Posted by みぽ at 2005年12月19日 14:48
>ななちん

さんくすこでござった。
頭の中に源の絶えざる言葉の泉が欲しい。

>みほ

文芸翻訳にはさらなる修行が必要だ。
人が読んで面白いエッセイを書くには、アンテナの広さ、引き出しの多さ、ウィットに富んだ表現能力がいるね。
炊事洗濯の毎日とは、すっかり若妻ですな。
Posted by うめ at 2005年12月20日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。