梅風呂

2010年04月27日

ロバート・マキャモン『少年時代』


少年時代〈上〉 (ヴィレッジブックス)


ロバート・R・マキャモン著、二宮磬訳『少年時代』読了。書店で仕分けをするとしたら、この本はミステリーの棚に置かれることになると思う。けれども、単なる謎解きものの枠には収まらない、笑いあり涙あり感動ありの素晴らしい作品だった。
時は1964年、舞台はアメリカ南部にある人口1,500人あまりの町ゼファー。物語の主人公は、この小さな町に暮らす空想好きの少年、コーリー・マッケンソンである。彼には親友が三人いる。物語の中で、コーリーはこの三人と共に、川に潜む怪獣と遭遇し、ロスト・ワールドから来た恐竜を解き放ち、ギャングに追い回され、火星人の襲来におびえ、不良少年たちと対決する。また、この冒険に満ちた一年をとおして、コーリーは恋を知り、愛するものを失う悲しみを味わい、家族の力を確かめ、書くことの喜びを知る。
こうしたコーリーの青春を物語の縦糸とするならば、横糸は、湖で起きたおぞましい殺人事件である。ある朝、コーリーは殺された男の乗った車が湖に沈むのを父と共に目撃してしまう。果たして男は何者なのか。誰がその男を殺したのか。犯人はゼファーにいるのか。この事件がコーリーたち家族の生活に暗い影を落とすようになる。
少年の成長物語と陰鬱なミステリーが一つになった、極上のエンタテイメント。少年の心を忘れていない人ならきっと楽しめる、素敵な作品です。
posted by うめ at 22:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。