梅風呂

2010年04月27日

ロバート・マキャモン『少年時代』


少年時代〈上〉 (ヴィレッジブックス)


ロバート・R・マキャモン著、二宮磬訳『少年時代』読了。書店で仕分けをするとしたら、この本はミステリーの棚に置かれることになると思う。けれども、単なる謎解きものの枠には収まらない、笑いあり涙あり感動ありの素晴らしい作品だった。
時は1964年、舞台はアメリカ南部にある人口1,500人あまりの町ゼファー。物語の主人公は、この小さな町に暮らす空想好きの少年、コーリー・マッケンソンである。彼には親友が三人いる。物語の中で、コーリーはこの三人と共に、川に潜む怪獣と遭遇し、ロスト・ワールドから来た恐竜を解き放ち、ギャングに追い回され、火星人の襲来におびえ、不良少年たちと対決する。また、この冒険に満ちた一年をとおして、コーリーは恋を知り、愛するものを失う悲しみを味わい、家族の力を確かめ、書くことの喜びを知る。
こうしたコーリーの青春を物語の縦糸とするならば、横糸は、湖で起きたおぞましい殺人事件である。ある朝、コーリーは殺された男の乗った車が湖に沈むのを父と共に目撃してしまう。果たして男は何者なのか。誰がその男を殺したのか。犯人はゼファーにいるのか。この事件がコーリーたち家族の生活に暗い影を落とすようになる。
少年の成長物語と陰鬱なミステリーが一つになった、極上のエンタテイメント。少年の心を忘れていない人ならきっと楽しめる、素敵な作品です。
posted by うめ at 22:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

野辺へ出てまいりますと春先のことで

先日、仕事のスケジュールがぽっかり空いてしまったので、神戸まで出かけてきた。目的地は「堀文子 いつくしむ命」展が開催されている御影の香雪美術館。
香雪美術館は山手の閑静な住宅街にあった。敷地の日本庭園に足を踏み入れると、外の世界とは違う時間が流れていることに気付く。春の穏やかな日差しの下、遅咲きの八重桜が苔生した地面に音もなく散り敷いていて、海手にある現代的な巨大美術館とはまた違った非日常を楽しむことができた。
展覧会自体も美術館の規模相応にこじんまりとしていたが、1950年代から最近までの作品がひととおり揃えられており、画風の変遷を大まかに掴むことができた。若い頃は、半殺しの鶏を束ねて売り歩くメキシコの老婆を描いた作品など、生き死にの問題に真っ向から挑んだような大作が多いものの、後年はそういった気負いは影を潜め、素材も身近にある小さな動植物へと移っていく。こうした素材への眼差しの優しさが印象に残った。白眉はミジンコを描いた作品。描かれているのは目で捉えることができないほど小さい生き物なのに、その透明な体の中の組織は重なり合ういくつもの銀河のように見えた。


香雪美術館
神戸市東灘区御影郡家2-12-1
会期:2010年3月21日(日)〜5月5日(水)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00〜17:00
posted by うめ at 22:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

ナム・リー『ボート』


ボート (新潮クレスト・ブックス)


あちこちの書評で取り上げられていた、ナム・リー著、小川高義訳『ボート』読了。新刊翻訳本を読むのは本当に久しぶりだ。新刊翻訳本の道標として重宝していたすみ&にえさんのHPが更新されなくなってからこちら、新刊本を追いかけるのがどうも面倒くさくなってしまって、あらかた評価の定まったものばかりを読んでいた。

この書き手は本物だ、というのが最初の数編を読んでの感想。この作品を語るうえで作者の経歴は切っても切り離せないものなので、英語版 Wikipedia から一部抜粋して訳したものをメモ代わりに載せておく。

「ナム・リー (1978 〜) はベトナム生まれのオーストラリア人作家である。生後数ヶ月で両親と共にボート難民としてベトナムからオーストラリアに渡った。企業弁護士として働いていたが、文筆業への転向を決め、2004 年に米国はアイオワ大学の作家養成ワークショップに参加する。処女短編は 2006 年に Zoetrope 誌上で発表された。オーストラリア ABC ラジオのインタビューで、彼は法律から文筆業への鞍替えの理由として、読書への愛を挙げている。
「私は読書を愛していました。だからなぜ作家になる決意をしたのかとおっしゃられるなら、まさにそれが理由です。私は読書家で、読書で出会ったあれこれにすっかり夢中になっていたので、『これより素敵なものなんてあるんだろうか』などと考えていました。この気持ちを他の人たちにも味わってもらえるよう努力すること以上に、有意義な時間の使い方があるでしょうか」
同じインタビューの中で、彼は初めて書いたのは詩だと明かしている。
彼は 2008 年にオーストラリアに戻ったが、イギリスに移ってイーストアングリア大学でライティング・フェローシップ (特別研究員のようなものか) を受けている。
インスピレーションの源は何かと問われた彼は、2008 年にこう答えている。「私の最大のインスピレーションの源は、両親による選択と犠牲です。これには未だに驚かされます」

『停電の夜に』で知られるジュンパ・ラヒリなど、いわゆるエスニック系作家は自らのバックグラウンドを前面に出した作品を書くことが多いが、ナム・リーにとっては、エスニシティはあくまで素材のひとつに過ぎない。最初の短編『愛と名誉と憐れみと誇りと同情と犠牲』に彼のこうした姿勢が如実に表れている。この短編を、作家生活をスタートさせた若き作家ナム・リーの所信表明として読むと面白い。
posted by うめ at 00:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。