梅風呂

2008年03月01日

ここから始まった

080228_170738.JPG

080228_170142.JPG

いよいよ引越しが迫ってきた。要らない家具家電はすべて処分した。荷造りもあらかた終わっている。モノが減ってがらんとした部屋でこれを書いている。

昨日、生協の元同僚たちが送別会を開いてくれた。約束の時間まで少し余裕があったので、西早稲田キャンパスと文キャンをぶらぶらした。
結局、東京での僕の生活は早稲田に帰趨するんだ。たくさんの仲間に出会えた。孤独を知った。文学を齧った。煙草を覚えた。倫理観と思考の方向性が固まった。「翻訳者」という職業を知った。・・・僕にとって、東京を離れるということは早稲田から離れるということにほかならない。卒業したのは5年も前だというのに、ようやく、本当の意味で早稲田から卒業するような気がしている。

10年前、一文受験の帰りに、『'98 東京見聞録』という情報誌を貰った。賃貸の情報や引越しのノウハウ、一人暮らしの知恵などが記載された無料誌だ。その冒頭に掲載されていた詩が印象的だったので、今までずっと手元に置いている。ちょっと引用させてほしい。


東京 早稲田大学卒K

あの日、僕は東京にやってきた。
それまで何度が旅行で訪れたことはあったが、
あの日の東京は特別だった。
東京駅に降り立ち、人込みのなかで背伸びを始めた僕は、
東京を彩るすべての風景を自分のものにしようとしていたのだと思う。
それは、旅行者の気ままさとは違う。
ましてや夢破れ、逃避行の虚しさに沈んでいたものとも違った。
新しい自分に会いたくてうずうずしている気分。
そう。おそらく、そんな思いで東京を見つめていたに違いない。

標(しるべ)のない街・東京。
誰もが遥かなる夢を抱き、
訪れ、通過し、旅立つ街。
人それぞれの人生模様が交差し、
喜怒哀楽が放射線状に拡散する街・東京。

そんな東京暮らしを始めて幾つ年を重ねただろう。
僕はいつの間にか東京に馴染んでしまった。
あの日、目を見張った華やかな都市の表情も
僕にとっては近しい日常風景だ。
色とりどりのファッションも、
豊かな食も、
あふれるばかりの情報も人も、
ごくありふれた暮らしの1コマにすぎない。

僕は新しい自分に出会えただろうか?
都会のうつろいやすい時空のなかで、
変わった自分は出会いたかった自分なのだろうか?

その答えは誰も知らない。
過去も、未来も、現在さえも
僕に教えてくれるものは誰もいないだろう。
ただひとつ
僕に確かなことがいえるとすれば、
東京は、僕が求めたものを
僕が求める程度に与えてくれたということだ。


これから東京へ旅立つ君に、
今の僕が輝いてみえるかどうか、
僕には知る由もない。
でも僕は生きてきた。
自分の思いのままに。
そして僕はそんな僕が大好きだ。
そしてこれからも東京に暮らし続けるに違いない。


この詩は僕にとってお守りみたいなものだった。落ち込んだり、挫けそうになったりしたとき、この情報誌を引っ張り出してきて、「東京は、僕が求めたものを僕が求める程度に与えてくれる」というくだりを繰り返し読み、自分を鼓舞した。手元の雑誌を見ると、この部分に横線が引いてある。
確かに、東京は僕が求めたものを、僕が求める程度に与えてくれた。
僕はこの詩を書いた人とは違って東京を離れてしまうけれども、これからは、この一文の「東京」の部分を「人生」に置き換えて読むようにしようと思う。「人生は、僕が求めたものを僕が求める程度に与えてくれる」と。
posted by うめ at 01:16| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。