梅風呂

2007年01月21日

劇団赤鬼『CRAZY CRAZY FOR YOU』

劇団赤鬼『CRAZY CRAZY FOR YOU』を観てきた。

2076年、オタク青年「時田ボン」は映画の中の少女に恋をする。擦り切れるほどフィルムを観るボン。セリフもシーンもすべて暗記した。あとは彼女に会いにいくだけ!
しかし・・・!! その映画は2006年の作品だったのだ……時間のに壁にボンのココロは沸騰するばかり。ついに沸点を超えたボンは満月の夜、タイムトラベル研究所に忍び込んだ、彼の運命は!?今年の8月には東京へも進出を果たした劇団赤鬼が贈る、灼熱の恋愛冒険活劇!摂氏100度の恋ゴコロが真冬の空をアツく染める!!


ネット上にあったストーリーと少し違っていた。タイムトラベル研究所は出てこなかった。友人の発明したタイムマシンで時間を遡ってたな。
まあそれはいいとして、芝居の内容にはがっかりだった。2次元の女性しか愛せなかったオタク青年が生身の女性に恋をし、「リアル」から目を背けずに生きていくのかと思ったら、自分の思い通りにならない現実に打ちのめされ、結局は都合のいい、居心地の良い世界に逃げ込んでしまう。正直なところ、ラストシーンの主人公の身勝手さ(ああいうのを愛と呼ぶ人もいるのかもしれないが)に吐き気がした。がっかりだよ!
演出の面でも、照明と音楽の使用が過剰で違和感があった。演劇だからこそ、台詞の応酬や役者の動きでテンションを高めていってほしかったな。映画でやるべきことを芝居でやっているという印象だった。残念だ。
けれどもまた夏に東京公演があるようだから、この劇団の芝居をもう一度観にいってみようと思う。まだまだ僕はにわか演劇ファンだから、とにかく色んなものをみて、観る目を養いたい。

今後は以下の芝居を観にいこうと思うんだが、誰か一緒にいかんか?
前売りが完売でも、当日券は基本的に手に入るみたいだから。
前にも書いたけど、観劇友達がほしい。

1月27日 キャラメルボックスなど『えっと、おいらは誰だっけ?』
2月7日 熱帯倶楽部『デンキ島』
2月10日 少年社中『チャンドラ・ワークス』
3月10日 『橋を渡ったら泣け』
3月21日? キャラメルボックス『サボテンの花』
3月下旬 TEAM NACS『HONOR-守り続けた痛みと共に』
4月8日 PEOPLE PURPLE『コメディシアター』
5月20日? 『血の婚礼』
posted by うめ at 01:46| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。